断熱と換気の勘違い              ガイドマップ HOME  災害 防犯 環境 立地 建物
建物





























 
高気密住宅への道

北海道では冬の寒さから、とにかく暖かい住宅を求めていました。しかし暖房費がかさむので、もっと燃費のかからない住宅を追求するようになります。そこで登場したのがグラスウール断熱材です。

昭和50年代、北海道では住宅の断熱化への関心が高まり、壁、床、天井に100mmのグラスウールを入れるようになりました。ところが、家はぜんぜん暖かくならず、逆に
「ナミダタケ事件」という悲劇が起きたのです。「ナミダタケ」はキノコのように大きく増殖して木材を腐らせる腐朽菌です。

この状況に室蘭工業大学の鎌田教授が登場。断熱材に結露する原因が、在来工法の致命的な欠点である
通気性にあることを指摘したのです。

湿度は、その性質上、
湿度の高い側から低い側へ移動していくことが知られており、暖房で暖められた空気や湿度が壁を通り抜け、断熱材の中に入り込む。断熱材の外側部分は当然温度が低いので断熱材内部で結露を発生。

そこにグラスウールがあると結露水がどんどん吸収されて、「水をたっぷり吸った綿」の状態に。そしてナミダタケが発生し、構造部材を腐らせます。その後、春になれば腐った木材にシロアリがやってきます。ほんとにおそろしいことです。

結露は常に家の中でもっとも断熱的に
弱い部分から先に発生します。
家を解体する現場に立ち会ってみると、床や土台が腐っていたり、外壁をはがすとグラスウールが真っ黒に変色して柱が腐っているという光景が見られます。

結果、内部結露を防ぐためには断熱材よりも室内側に湿気を通過させない
防湿層が必要であることを提唱しました。そして気密シートや気密テープを使って気密工事を行う改良型在来工法を「新在来工法」としてマニュアルにまとめ、発表。

これが気密施工の始まりです。つまり高気密の初めの目的は家を高気密にするのではなく、
断熱材を保護するためだったのです。

断熱住宅に必要な事

ただ家全体を高性能な断熱材ですき間無く包んでも、開口部に注意しなくてはいけません。
アルミなどの金属サッシや単板ガラスでは
熱ロスが大きくなります。そこからの放熱は大きいのです。また、結露も発生します。

家全体から逃げる熱の
30%〜40%以上は窓や出入口など、特にガラスからの熱損失であるといわれています。そこで、寒さの厳しい地方では二重サッシュとか、二重ガラスにして断熱性をアップさせたいものです。

また使う部屋だけを必要な時にだけ暖めるという方法は、同じ建物内では
温度差をつくることになり、それが、結露の原因となり、カビやダニの発生につながります。冷房も暖房も部屋ごとではなく、家全体に行わなければ効果がありません。

そこで、快適で健康な住まいをつくるには、温度差の生じない
全室暖房を考えるのがよいとの方向へ進みます。
ただし、冷暖房を使う住宅では、
床下や天井裏、小屋裏、壁の中も、室内気で通気や換気を行わなければ、問題が発生する可能性が高くなるのです。

当然、いままでの家づくりのままで廊下やトイレ、脱衣場やお風呂まで暖めようとすれば、いままで以上に大きなエネルギーが必要になり、大きな経済的負担を覚悟しなければなりません。

ただ全室暖房と、使っていない部屋のことまで考えるとずい分無駄なように思われますが、高断熱・高気密住宅では、さほどエネルギーも
無駄にならない事がよく言われます。

換気の必要性

しかし、このように断熱をしっかりして、気密性もアップさせると、熱や空気の出入りを制限することになり、屋内の空気がだんだんと汚染され、シックハウスの問題ともなり、また結露の原因にもなります。

自身が、あるマンションを訪ねた時の話です。冬、赤ちゃんのいる若夫婦の住宅を尋ねて玄関に入ったときです。
中は夏のような暑さで、開けたスチールドアの内側は結露水が斑点のように一杯ついていたのです。当然、壁の
換気用レジスターは閉まっている状態でした。

つまり高気密・高断熱にすればするほど換気が必要となります。ただ換気をするのではなく、
計画的な換気をする必要があります。

計画換気とは、空気の出入り口を(ダクトなどを使い)明確にして24時間、必要な新鮮な
空気を取り入れ、汚染された空気を排出することです。

問題はここから

この計画換気は本当に理想的なのでしょうか?流体解析による計画換気の妥当性を見てください。

空気の流れは
最短距離を通るのです。部屋の空気を天井扇などでかき回さない限り、空気は入り口から出口まで最短距離を移動します。高気密であればあるほど、他からの空気の流れは無いので、その流れは直線的になります。

換気システムにより天井から給気して天井から排気される場合、床に近い部分の空気はそのまま残ります。
また部屋の隅から給気された空気が、対角線上に部屋の反対側の隅へと空気が流れた場合、その反対側の隅の空気は取り残されます。

部屋の隅もゴミが溜まる様に流れが緩か、若しくは、その場で回転し中々空気の
入れ替えが出来ないのでしょう。
居間から給気され、廊下を通って浴室やトイレなどから排出される場合は、空気の通り道から除外される部分はもっと多くなるでしょう。

また、部屋には必ず物を置きます。それで空気の流れを
遮断する可能性もあります。そしてタンスや収納棚などの家具の裏側は、空気がよどみやすく結露しやすい箇所です。

この場合専門家によると、少し壁との間を空けることで通気がよくなるとコメントするのですが、果たして家具をわざわざ壁から離して置くでしょうか。それこそ
地震の時きは危険なのです。
これでも、メーカーのカタログに載っているような理想的な空気の流れは期待出来るでしょうか?

計画換気は、部屋、あるいは家全体の
容積に対しての換気量であって、部屋の隅々までの空気の入れ替えは予想に過ぎません。そして押入れの中など閉じたままの空間はどうなるのだろうか?

家の中は水蒸気で一杯

家の中で水蒸気を発生するものは色々有ります。その筆頭が台所料理をする時に発生する水蒸気を効率的に排出する事が大事です。料理後も暫くレンジを回し続けなければなりません。

最近はITクッキングヒーターが普及し、燃焼による空気の汚れをある程度防げる様になりましたが、逆に燃焼による
上昇気流が弱く、レンジで吸うことが出来なかった水蒸気や油煙が、室内に流れ出す割合が多くなります。しかも最近の住宅プランは、台所と居間が一緒の場合が多いので、家中に広がって行きます。

次は浴室です。家族で入れ替わり入浴する場合にも、必ず湯船にフタをし、換気扇は乾燥するまで付けておく事。使い終わった湯はすぐに捨てる事。捨てたあとも暫くは換気の必要があります。


雨が続き、
洗濯物を部屋に干す時や、また外で乾かない洗濯物はやはり家の中で乾かしたりする家庭は多いでしょう。浴室の乾燥機だけでは間に合わない事もしばしば。

また冷房用配管や水道管も被覆が充分でないと、配管の表面に水滴が発生して結露を誘発するでしょう。

高気密では湿度の調整ができません。冬には風邪を引いて
のどが乾燥したり、或は花粉症の人は加湿器を使うようになります。

基本的に、人も一日中水蒸気を発生させているのですから。結局、家の中は水蒸気で一杯なのです。

メンテナンスの必要性

ダクト使用の換気システムの場合ダクト内の結露も考えられます。そこでのカビやダが発生すれば家中に回る 可能性があるのです。

部屋の話声がダクトを伝わって、他の部屋に伝わる可能性、キッチンの料理の臭いや高齢者の部屋の簡易トイレの臭いなどが家中に回る可能性、ダクトを配管するとき、曲げ部分の断面が狭くなり風切音が大きくなって、  耳障りになる可能性など様々な
弊害が指摘されています。

長期間使用しているとダクト内にハウスダストや湿気、油、などが付着し、ダクトを
クリーニングをしない限り、その臭いが家中に回るでしょう。換気機能の低下によって一挙に室内環境を最悪化させてしまいます。

ダクトの清掃や取替え、故障の際、天井裏にある機械、それを修理するのは大変な作業になりますし、修理の場合は修繕費がかさむでしょう。

あるメーカーの追跡調査によると住宅購入後1年間に
換気口の掃除をしたことがある世帯はわずか1%だったという結果があります。空気が集中する部分にどうしても埃やゴミが詰まりやすく掃除が欠かせませんが、換気口や、台所のレンジのフィルター交換が疎かになると、空気の質が悪くなりますし、換気の効率もわるくなります。

一方では、騒音が皆無でないため、ふだん家にいることが多い主婦の方には
電気の無駄遣いのように思えてしまうことから、換気のスイッチを切ってしまうことが多いようです。

07年、戸建て注文住宅を新築した建て主300人に行った調査があります。新築の建物で24時間運転の換気システムが義務付けられていることを知っている人は
83.3%いました。しかし、24時間運転すべき換気設備を切ったことがある人が42%いました。

スイッチを切った理由は
「電気代がもったいない」が30%でトップ。以下「寒いから」が20%、「音が気になる」が11%でした。そして24時間換気システムの掃除をしたことがない人は、6割。メンテナンス方法がわからない人が殆どでした。

空気清浄機の問題

住宅内での普及が進んでいる空気清浄機ですが、室内空気汚染を起こす可能性もあります。を使う機種の場合は、水のタンクは掃除できますが、排気口周りまでの清掃はなかなか出来ないものです。

そこに水が常温で停滞すると
、レジオネラ菌が繁殖します。そしてそこから菌が室内にばらまかれるのです。肺炎を起こし死亡する事もあります。高齢者や幼児のような抵抗力の無い人には注意が必要かも。

水を使わない機種で、4年間使用した空気清浄機を分解し、調べた結果、中は
カビだらけだったとの報告もあります。

また、
UVパワーを売りにした紫外線での除菌タイプもあります。紫外線が当る部分は有効ですが、機内には当らない部分もあります。そこにカビが発生すれば意味の無いものとなってしまいます。

フェノール系物質を放出して、アレルゲンを包み込む機種もあります。フェノール系物質が室内にばらまかれ、過敏な人は症状が出ます。フェノール系の物質の多くは、環境ホルモンとして作用するようです。


供給側とのギャップ

高気密住宅を造るにはかなりの施工精度が要求されますが、最近の建設事情では中々職人が育たない環境にあります。

また、家の中で発生する
水蒸気の殆どを排気出来るのでしょうか。そして、どれほど理想的な換気が出来るのでしょうか。そして、毎年々きっちりとしたメンテナンスがどれほど出来るでしょうか。その一つでも理想的に働かなければ、高気密・高断熱住宅は成立しないのです。断熱効果のためだからと言って開口部を小さくするのはおかしな話です。

ある高気密・高断熱住宅に住むAさんの話ですが、寝ている時に首筋に
冷たい空気の流れを感じるため、給気口を閉じてしまいました。リビングにいる時はあまり感じなかったそうです。

給気口を開けるとどのくらい気温が下がるのかと思いAさんは検証する事になりました。
給気口を開けたり閉じたりしながら6日間測定(
部屋の中央)をした結果、室温の差は殆どなかったのです。ただし、給気口に手を近づけると冷たさを感じるのは事実。

断熱にこだわる理由は、住宅内のどこでも四季を通して快適に過ごすためのものです。寝ている時の不快さは無視できません。住宅の主役は人間であって、測定器ではありません。これでも心地よい住宅なのですか?

地球温暖化の問題とあいまって省エネを意識せざるを得ない状況が進んでくると、益々高気密・高断熱住宅を求める事に専念します。ただそれは、
住宅供給側で一気に進みます。

そこでは、住宅を求める一般の人々との間に
ギャップが生じる事となるのです。供給側の論理をただ々押し付けているようにも感じます。中には供給側の目論見も垣間見えるのです。そろそろ基本的な住宅の考え方を見直す時なのでは?



続きは 住宅のカビ対策

TOP
 
ガイドマップ HOME  災害 防犯 環境 立地 建物