地盤マップ                HOME  災害 防犯 環境 立地 建物
 立地

 地価マップランキング
 
自治体
 
住みやすさ
 
都市環境
 
用途地域
 
道   路
 
が け 地
 
擁   壁
 
地盤マップ
 開 発 地
 
地盤沈下 
 
土地陥没の恐怖
 
住宅選び
 
賃貸住宅の手引
 
引越
 
近隣トラブルの悩み
 
土地をめぐるトラブル
 
都市のスラム化




 
地盤マップ

今、住んでいる土地の地盤は大丈夫でしょうか。地震の時にやけに揺れを感じませんか。下のサイトでチェックして下さい。

 関東地質調査業協会「解体新書」 軟弱地盤の地域が一目で判ります
 ジオテック(株)「GEODAS」 地質や土地の高低などが判る。首都圏の地盤の断面図が興味深い
 文部科学省「地震関係基礎調査交付金による活断層調査について」 全国の活断層の位置や地方自治体の調査報告が見れます
 内閣府「地層地盤のゆれやすさ全国マップ」 地震による揺れやすい全国地域が判るマップです
 住宅地盤簡易診断 地盤リスク情報を提供
 都道府県別 地形・地盤解説 都道府県別の地盤解説です


07年3月25日に起きた能登半島地震による建物の被害は、上の表にあるマップで
「揺れやすい」とする地域に集中していました。門前町や同町道下(とうげ)地区、輪島市街地、そして穴水町などで「震度6強」を記録し、約580棟が全壊したといわれている程の大きな被害を受けています。

下には地域ごとの地盤を取り上げています

地質図のHP 日本全国の地質図が見れます
川越市防災情報 川越の地盤が見れます
神戸の地盤・減災研究会 神戸の地盤を見れます
鹿大理学部応用地質学講座 鹿児島平野の地盤が見れます、液状化危険度マップもあります
横浜市地盤調査地図 横浜市のボーリングデーターが見れます
広島県の地形、地盤 広島の地盤を見れます

      

 防災科学研究所  防災に関する情報を得られます

また、土石流が起こりやすい地質もあるようです。

 
特殊土壌地帯

地震と地盤

気象庁による、東日本大震災における、ビルの揺れに関する調査があり、地震当時、都内の4つの高層ビルに居合わせた計800人を対象に、アンケートを実施しました。

東日本大震災で震源から約400km離れた
東京湾岸の高層ビルでは、20階以上にいた人のうち、「はいつくばった」が30%弱、「物につかまっても立っていられない」が20%強と、計50%以上が立つのが困難だったと回答しました。

一方、新宿にある工学院大学の高層部では、「はいつくばった」が約15%、「立っていられない」が約10%と、大きな差が出ました。

両建物とも
固有周期は約3秒ですが、地盤の状況は異なります。工学院大学は武蔵野台地の安定した地盤の上に立地するのに対し、東京湾岸は一般的に軟弱地盤が多いのです。

また、東京湾岸の高層ビルでは、高層階で8割以上が本棚など背の高い什器が「ほとんど倒れた」「倒れた物があった」と回答しています。

 軟弱地盤 液状化 地盤沈下 がけ地 参考に


TOP

 

 HOME  災害 防犯 環境 立地 建物