活火山               ガイドマップ HOME  災害 防犯 環境 立地 建物
 
災害



















































































 
火山の活発化

歴史の記録が残る時代からある江戸時代以降19世紀まで、1回の噴火で数億立方メートル以上の噴出物を出すような大噴火が各世紀に4回以上起こっていました。

ところが、20世紀に入ると1914年の桜島の大正噴火、1929年の北海道駒ケ岳噴火の2回だけで、それ以降100年近く、大きな噴火は起こっていません。

3.11の東北地方太平洋沖地震は、
869年の貞観地震と場所も大きさもほぼ同じであったことが指摘されています。2004年、2007年には中越地震や中越沖地震、2011年には信越地方で地震が起きましたが、9世紀後半にも中越や羽越、信越などで地震が起こっています。

最近の地震の起こり方は
9世紀後半によく似ているといわれています。そして9世紀には貞観地震の18年後に南海トラフで大地震が起こっています。よって、これから数十年以内に南海トラフでの大地震が起こる確率が高まっているとされています。

そして、貞観地震より前ですが、864年には富士山で史上最大規模の貞観噴火が起こっています。青木ケ原の樹海はこの時の溶岩の上に樹木が生い茂ってできたものです。さらには、この9世紀後半には鳥海山や新潟焼山でも噴火が起こっています。

そしてその前後には、伊豆諸島でも
1000年に1回程度しか噴火しない新島や神津島が大噴火し、伊豆大島、三宅島でも大きな噴火が起こっています。

また、九州の阿蘇山や鶴見岳、開聞岳が噴火したのもこの9世紀後半。まさに、大地動乱の時代でした。最近の地震の起こり方がこの時代に大変よく似ていることを考えると、当時と同じように、今後、火山活動も活発化することは当然考えられます。現に2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震以降、
火山活動が活発化しています。

噴火警戒レベル

07年3月、政府の火山防災対策検討会により、火山が噴火した際の住民の避難に関する新たな基準を発表しました。

予報・警報 対象範囲 レベル 火山の状況 人の行動
噴火警報 火口から居住地域まで レベル5
(避難)
居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生、或は切迫している 危険な居住地域からからの避難等が必要
レベル4
(避難準備)
居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生すると予想される 警戒が必要な居住地域での避難の準備
火口周辺
警報
火口から居住地域近くまで レベル3
(入山規制)
居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生、或は発生すると予想される 通常の生活。状況に応じて避難準備
火口周辺 レベル2
(火口周辺規制)
火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生、或は発生すると予想される 通常の生活
噴火予報 火口内 レベル1
(平常)
火山活動は静穏 通常の生活

しかし、文部科学省の科学技術・学術審議会測地学分科会は、火山噴火予知計画を策定するのに、国立大の法人化で国から交付される運営費や人員が減る一方、外部資金の確保も難しく、このままでは将来は観測点を減らさざるを得なくなるという問題もあるとのこと。


全国の火山が3Dで見れます。国土地理院の3Dライブラリー

富士山

富士山」における今までの噴火活動の歴史を見ると、地震との連動が見えて来ます。

1433年(永亨5) 関東地震
1435年(永亨7) 噴火
1498年(明応7) 東海地震
1511年(永正8) 噴火
1703年(元禄16) 元禄関東地震
1704年(宝永元年) 浅間山噴火
1707年(宝永4) 宝永地震 M8.6(東海、東南海、南海同時発生)
1707年(宝永4) 噴火(宝永地震の49日後)

宝永の噴火は2週間程続きました。前兆は2週間程前に富士山中の異常な鳴動が続き、群発地震が起きていました。その火山灰は偏西風にのり関東に降り注ぎます。噴出物の総量は東京ドーム約1400杯分。この火山灰をあの伊能忠敬の祖父景利が、今の千葉県香取市で採取し今に残してありました。この火山灰は07年12月に初めて分析をしています。
神奈川県足柄ではその後150年に至るまで火山灰の泥流による洪水が度々起きています。

00〜01年にかけて富士山の直下15km付近で
「低周波地震」が起きました。日本中に緊張が走りましたが、結果「噴火未遂」に終わっています。ただ、過去から今までマグマはたまり続けているのです。

ちなみに政府が試算した富士山の噴火による経済損失は約
2.5兆円です。

桜島

07年から08年にかけての桜島の噴火回数を表にしました。

  07/3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 08/1 2
山頂火口 2   1 2   1   1   2 1  
昭和火口       15 14             4
地震回数 2025 3149 1095 662 154 154 206 507 869 487 155 33

 
08年2月3日と6日、桜島の昭和火口からの噴火が起こりました。
今回の噴火による
火山ガス(二酸化硫黄)は一日当り2600〜3800トンで増加傾向です。又、降灰は無かった模様。しかし爆発による噴石が4合目まで飛散し、火砕流も発生しました。

ちなみに、この時桜島のふもとにある有村川の砂防えん堤の除石工事に国土交通省は,噴火による噴石から作業員の安全を確保するために、「ロボQ」と呼ぶ機械による
無人化施工を採用しています。

08年3月8日同日午前0時半ごろ、昭和火口で爆発的噴火が起き、噴煙が火口から1200メートルまで上がったうえ、噴石が5合目まで飛散した。火砕流が1キロメートル流れた跡も確認された。そのため、火山活動が今後活発化する恐れがあると判断し、ランク引き上げ、入山を規制するレベル3とした。4月8日には昭和火口で火砕流を伴う爆発もありました。

そして
08年7月、噴火活動は沈静化しているとして再び噴火警戒レベルを、入山自体を規制する「3」から、火口周辺への立ち入りを規制する「2」に引き下げました。

その後
09年2月1日から2日07時までに昭和火口からの爆発的噴火が8回起こり、大きな噴石が5合目まで達しました。このため警戒レベルを2から3にに引き上げました。気象庁は06年6月の噴火以来桜島の噴火活動は活発化する傾向にあるとしていました。

また、
09年9月午後3時31分、昭和火口で中規模の爆発的噴火があり、同市内は大量の降灰に見舞われた。噴煙の高さは4000メートル以上で、2006年6月の同火口の活動再開以来、最大の噴火です。
灰は、風下の鹿児島市街地を直撃し、車はヘッドライトをつけて走行するほどの影響がでました。そのため鹿児島県は、農作物に被害の恐れがあるとして、注意を呼び掛けました。

09年10月3日、南岳山頂火口で約7か月ぶりに爆発的噴火がありました。噴煙の高さは約3000メートルに達し、噴石は4合目まで飛び、鹿児島市街地の住宅などでは窓ガラスが震えたそうです。

10年に入ってからも活動が活発化しています。 爆発的噴火回数が5月11日現在で500回に達しました。月100回を超え、過去最多のペース。548回と年間の爆発的噴火回数 を更新した09年に比べても3倍近い。

11年2月7日、桜島・南岳山頂火口で2回、爆発的噴火を観測。南岳の爆発的噴火は2009年10月以来。噴煙は高さ2千メートルまで達しました。
昭和火口でも午後5時までに5回の爆発的噴火が観測され、両火口合わせた桜島の爆発的噴火は、11年は、128回目となりました。降灰による視界不良で、桜島の国道224号は一時、3キロにわたって全面通行止めとなりました。

桜島はここ数年、活動が活発になっています。専門家は、桜島が再び日本における20世紀以降最大の火山災害
『大正大噴火』を起こす可能性を指摘しています。

当時、噴火にともなう地震などで、58人が犠牲になり、山の2か所から大量の溶岩が流れ出し、桜島は大隅半島とつながりました。

現在火山灰が影響を与える施設として、飲み水を供給する浄水場があります。ろ過の前に水をためておく池に、火山灰が入ると、灰の粒子は細かいため、ろ過装置では浄化しきれません。実際に鹿児島市の浄水場では、過去5年間で、灰が降ったために53回も運転を停止していました。

1日分の水の蓄えがあったため、断水には至りませんでしたが、降灰が長引けば復旧は簡単ではありません。
専門家によると、桜島の地下、
『マグマ溜り』のマグマの量が大正大噴火が起きたときのおよそ90パーセントまで戻っているという指摘があります。

2015年8月15日、気象庁は鹿児島市の桜島で大規模な噴火が発生する可能性が非常に高くなったとして、噴火警戒レベルを「3」(入山規制)から2番目に高い「4」(避難準備)へ引き上げたました。


 気象庁による桜島の解説  桜島国際火山砂防センター 

 鹿児島大学からのライブ映像    国土地理院の映像等

新燃岳

九州南部に位置する霧島連山の一つで、火口の底には火口湖である新燃池があり、エメラルドグリーンの美しい色で知られていました。霧間連山の中では御鉢とともに活発な活動で知られており、火山活動の状況や防災対応を示す噴火活動レベルが導入されている26の火山のうちの一つです。

1716年 享保噴火で、活動は1年半にも及ぶ
1771年 噴火
1822年 噴火
1923年 噴火
1959年 宮崎地方に多量の火山灰を降らせる
1992年 火口内より多量の水蒸気を噴出させ、ときおり火山灰を噴出
2008年 小噴火を起こして、山麓の小林市に降灰

20011年1月26日からは、断続的に活発な噴火活動が続いています。

宮崎県の新燃岳噴火情報 鹿児島県の新燃岳噴火情報

三宅島

2000年に始まった三宅島雄山の噴火による島外への全島避難は約5年間続きました。2005年2月に避難指示は解除され 三宅島は約20年周期で噴火を繰り返しているため島内各所で噴火の歴史を見ることもできます。
しかし火山活動による
火山性ガス「二酸化硫黄」の放出は今も続いており島内には立入り禁止の区域も設定されています。また、三宅村の条例で来島の際にはガスマスクの携行が義務付けられています。

三宅島の中央には,3.5 km × 3.5 kmのカルデラがありますが、これは,噴火の結果生じた地形です。5000年前(M3.5)と3000年前(M4.4)そして最後の噴火(M3.4)は1469年のものらしい。

最近の噴火は山腹に割れ目が開く様式をとることが多く、1983年噴火(M3.3)は南西に,1962年噴火(M3.0)と1940年噴火(M3.3)は北東に,1874年噴火(M3.2)は北に割れ目が開いて
玄武岩マグマが噴出しました。

溶岩を流した1874年7月3日噴火(M3.2)で死者1人,ヒョウタン山から噴火割れ目が海岸へのびた1940年7月12日噴火(M3.3)で死者11人が出ています。現在噴火警戒
レベルは2です。


アジア航測の200年の噴火記録  気象庁の三宅情報

三宅島観測所  国土地理院の三宅島周辺のGPS観測図

浅間山

浅間山の火山活動は,明治42年(1909年)から顕著な噴火が相次いで発生するようになり,浅間山麓の住民は天明のような災害の再来を恐れ,浅間山の活動に対する関心が高まっていました。このため震災予防調査会と長野測候所が協力して,我が国最初の火山観測所を浅間山に設立することになりました。

明治44年(1911年)8月26日,浅間山の西南西山腹(通称湯の平)に我が国最初の火山観測所として建設され,平成13年(2001年)8月で観測開始90年を迎えました。

近年の噴火記録

昭和33年(1958年) 10月〜12月活発に噴火。11月10日爆発,多量の噴石,火砕流,降灰,空振による山麓のガラス・戸障子の被害広範囲,爆発地震震度2
昭和34年(1959年) 3月〜8月毎月1回〜十数回噴火し時々降灰。4月14日は噴石のため山腹に多数の山火事,関東南部まで降灰
昭和36年(1961年) 8月〜11月に毎月数回〜十数回噴火。8月18日に23か月ぶりに噴火,かなりの範囲に噴石,降灰,小規模な火砕流発生,行方不明1名,耕地,牧草に被害
昭和40年(1965年) 5月23日黒煙のみ確認
昭和48年(1973年) 2月1日に11年3か月ぶり(昭和40年5月の弱い噴火を除く)に大きな噴火をして5月24日まで活動。2月1日空振により山麓のガラス戸破損。小規模な火砕流が3回発生。噴火回数合計88回
昭和57年(1982年) 4月26日小規模の火砕流,房総半島まで降灰。農作物被害
昭和57年(1982年) 10月2日群馬県長野原町で極少量の降灰
昭和58年(1983年) 4月8日爆発音,火口上に電光と火柱,山腹(南斜面)で山火事発生,長野県・関東地方北部・福島県の太平洋岸まで降灰
平成2年(1990年) 7月20日火口から東〜東北東山麓の狭い範囲で微量の降灰
平成16年(2004年) 9月1日、噴火。火口から約2kmの範囲に高温の火山弾が飛散し、一部では山火事も発生。また、火山灰は北軽井沢、中之条、沼田、郡山などを経て大平洋岸の相馬市付近に達した。
平成20年(2008年) 8月10日小規模な噴火。約400メートルの高さに噴煙が上がった。噴火警戒レベル「2(火口周辺規制)」に引き上げられた

 09年2月2日午前1時51分頃、小規模な噴火が起きました。噴煙は一時2000メートルの高さまで立ち上がり、50センチを超える大きな噴石が火口の北約1キロまで飛びました。そして噴火による火山灰の降灰は、東京都心や横浜市、千葉県君津市などでも観測された。
気象庁は2月1日、警戒レベルを、2から3に引き上げていた矢先でした。

  気象庁の浅間山情報   浅間山LIVE情報

阿蘇山

昭和28年と昭和33年、昭和54年、そして平成元年にいずれも噴火活動が活発になり、多量の火山灰や噴石などが噴き出しました。
このうち25年前の平成元年から始まった噴火では、多量の火山灰や噴石を噴き出すなど、活発な噴火活動が1年余りにわたって続き、火口から高温で赤くなった噴石や、溶岩が噴き出す、
「ストロンボリ式噴火」と呼ばれる噴火も起きました。

2014年7月の調査で「湯だまり」が21年ぶりに消失しているのが確認され、火口の底の一部が高温になって夜間などに赤く光る「赤熱現象」も見られました。

そして2014年11月27日に噴煙の高さが一時、火口からおよそ1500メートルに達し、「ストロンボリ式噴火」と呼ばれるタイプの噴火が起きました。今回確認された噴火は小規模、または中規模だったということです。

昭和28年に起きた噴火では、火口周辺に居合わせた
観光客6人が死亡、90人余りがけがをしました。
また、昭和33年に起きた噴火では噴石が1キロ余りの範囲に飛んで
12人が死亡したほか、昭和54年の噴火でも飛んできた噴石などで3人が死亡しています。

2015年9月8日、中岳第1火口で小規模な噴火がありました。阿蘇山の噴火は5月21日以来、約2カ月半ぶり。噴煙は上空600メートルまで上昇。

中岳第1火口は2014年年8月の小規模噴火以降、気象庁が噴火警戒レベルを2に引き上げ、火口周辺の半径1キロ以内を立ち入り禁止としていましたが、2015年9月、
噴火警戒レベルを3に引き上げました。

2016年10月8日未明、熊本県の阿蘇山の中岳第一火口で爆発的な噴火が発生。西日本の各地で灰が降りました。気象庁は噴火警戒レベルを2から3に引き上げました。

阿蘇山で爆発的な噴火が観測されたのは、36年前の昭和55年1月以来です。噴火に伴って火口から1キロを超えて噴石が飛び、九州や四国、遠くでは奈良一部でも確認されました。

熊本県阿蘇市では、農業用
ハウスや田畑などにも火山灰が降り積もっていて、地震で壊れた自宅の修復が終わったばかりのところで又追い打ちをくらいました。大分県竹田市では、降り積もった火山灰で、道路に車のわだちができたり、車線が見えなくなったりしています。


阿蘇山情報、気象庁

地震に影響される火山

東日本大震災を起こしたマグニチュード(M)9.0の巨大地震の後、関東から九州まで少なくとも13の活火山の周辺で地震が活発になったことが分かりました。2011年4月現在、噴火の兆候となる地殻変動は観測されていませんが、過去には巨大地震後に火山が噴火した例もあります。

地震が増えた活火山は、関東や中部地方の日光白根山、焼岳、乗鞍岳、富士山、箱根山。伊豆諸島の伊豆大島、新島、神津島。九州の鶴見岳・伽藍岳、阿蘇山、九重山。南西諸島の中之島、諏訪之瀬島。

富士山の近くでは、2011年3月15日に
M6.4の地震が起き、その後も余震活動が続きました。焼岳では山頂から半径5キロ以内で通常の1カ月に数回の地震が、1週間で約350回以上に増加。箱根山周辺では通常の1日2回程度の地震が、1週間で1050回ありました。

過去には東海、東南海、南海地震が連動した1707年の宝永地震(M8.4)の49日後に、
富士山が大噴火を起こした例。2004年のスマトラ沖地震(M9.1)では、地震後の数カ月間に周辺の10以上の火山で地震が活発化、1年4カ月後にはインドネシア・ジャワ島のメラピ山が噴火しました。

知られざる火山

世界遺産である「日光東照宮をかかえる栃木県の男体山ですが、実は比較的最近に活動した形跡のある「活火山」であることが、08年10月富山大や産業技術総合研究所の地質調査結果、わかったのです。

05年、火口内にある火山灰や軽石を含む厚さ5〜20メートルの地層から樹木を採取して分析した結果、この地層が
7000年前の噴火でできたものであることがわかったという。

7000年前の噴火の影響がどこまで及んだのかは不明ですが、今後は
防災計画を考え直す必要性があります。

イギリスの南極観測所の調査から
南極の氷の下に火山が発見され、「ハドソン山」と命名されました。氷の下100〜700mに火山からの噴出物があるらしく、約2200年前に噴火した事がわかりました。

その他、南極には氷床から突き出ている火山はいくつかあります。この「ハドソン山」付近の氷河は、海に向かって流れ落ちるスピードが南極では一番速いそうです。
火山活動が原因なのかは不明ですが。

太陽系最大の火山

2013年9月、太陽系で最大の火山が、日本の東方約1600キロの海底で発見された事が分かりました。発見したのは、米テキサスA&M大学のウィリアム・セーガー氏率いる研究チーム。

位置は、太平洋の海底にある台地、シャツキー海台の一部で、タム山塊と呼ばれる火山です。タム山塊は、約1億4400万年前の噴火で吹き出した溶岩が盾状に固まった単一の巨大な丸いドームから成っていて、
面積は約31万平方キロで、日本の面積の8割に相当します。

研究チームは、海底掘削プロジェクトで採取された岩石試料のデータと、調査船に搭載された深部地震探査装置で得られた海底地図を組み合わせ、タム山塊の全体像の解明を試みました。

その結果、タム山塊が
超巨大な単一の火山であることが分かりました。海底から頂上までの高さは約3500メートルで、火星の「オリンポス山」は標高が2万メートル以上なので巨人のように見えますが、体積は(タム山塊と比べ)約25%大きいだけなのです。

セーガー氏によると、タム山塊は地質学的にみて百万〜数百万年という短期間で形成され、それ以来活動を停止していると思われ、活火山である可能性は低いとみられています。

しかし、世界中に十数個ほど存在する広大な海台の中には、モンスター級の巨大火山が他にも潜んでいるかもしれないと考えています。

巨大カルデラ噴火

2014年10月、神戸大教授により日本に壊滅的な被害をもたらす「巨大カルデラ噴火」と呼ばれる火山噴火が100年以内に1%の確率で発生するとの予測を発表。

日本では過去12万年間に熊本県阿蘇、青森・秋田県十和田などで13回発生。噴火後、直径2キロ以上の巨大なカルデラを形成します。

火山灰などの噴出物は東京ドーム約8千杯分に相当する100億立方メートル以上で、通常の大規模噴火の数倍から100倍以上に当たります。

被害は九州中部で起きるケースが最悪で2時間以内に火砕流で九州の700万人が死亡。本州のほぼ全域で、偏西風で運ばれた火山灰が厚さ10センチ以上積もり、その重みによる家屋倒壊やライフラインの途絶などで壊滅すると予想。

最悪の場合は日本の総人口にほぼ匹敵する約1億2千万人が死亡すると試算。

これは、いつ起きても不思議ではないと認識すべき数値であり、地下のマグマの状態を正確にとらえる技術を向上させ、発生メカニズムの解明を急ぐ必要があるとコメントしています。

破局噴火(スーパーボルケーノ)

阿蘇山では、30万年前から9万年前までの間に、4回も巨大なカルデラ噴火が発生しています。特に、9万年前の噴火は阿蘇4噴火と呼ばれ、わが国のカルデラ噴火としては最大級のものです。

放出したマグマは
600立方q以上に達し、火砕流が九州のほぼ全域を襲い、一部は海を越え、山口県にまで到達したことが分かっています。

さらに、噴き上げられた噴煙から堆積した火山灰は日本全土を覆い尽くし、その厚さは北海道東部でも
10p以上に達します。先に述べた鬼界カルデラ噴火の5倍以上です。江戸にまで火山灰を降らせた約300年前の富士山宝永噴火の1,000回分に当たる程です。


今からおよそ
7,300年前、鹿児島市の南方およそ100kmの島で激しい噴火が発生し、島の大部分が失われて海底に巨大なカルデラが形成されました。放出されたマグマは100立方qを超えます。

当時の島の一部は、現在でも薩摩硫黄島などで確認することができます。この噴火によって発生した火砕流の一部は大隅半島や薩摩半島にまで上陸。また、海中に突入した火砕流の一部は大津波を発生させ、その痕跡は長崎県島原半島で確認できます。

成層圏にまで到達した巨大な噴煙を構成する火山灰は、途中で火山灰を降下させながら偏西風に流され東北地方にまで達しました。この火山灰はアカホヤ火山灰と呼ばれ、大分県で
50cm、大阪・神戸付近で20p、関東地方でも10p程度、近くの厚さまで降り積もりました。東北地方や朝鮮半島でも見つかっており、極めて規模の大きな破局噴火であったとされます。

南九州から四国にかけて生活していた縄文人は死滅するか、食料を求めて火山灰のない地域に移動し、
1,000年近く無人の地となったようです。というのも、この火山灰層の上下から発見される縄文遺跡の土器の様式が全く異なっているからです。

わが国では、
100立方q以上のマグマを放出するカルデラ噴火は、1万年に1回程度発生しています。数10立方q以上の噴火ならば12万年間に18回、つまり6千年に1回程度は起こっていることになります。このような規模の噴火で、最後に起こったものが鬼界カルデラ噴火なのです。

ところが、これまで平均
6,000年間隔で起こっていたカルデラ噴火が、最近7,300年間は発生していません。カルデラ噴火はもはや、いつ起こっても不思議がない現象なのです。

一度、カルデラ噴火が起こると、その周囲
100200kmの範囲は火砕流で覆われます。火砕流の速度は時速100kmを超えるため、その地域は数時間以内に火砕流に襲われ、壊滅状態となります。

もし、過去と同じようなカルデラ噴火が今発生すると、発生場所によっては、
数10万〜数100万人の犠牲者が発生するといわれます。2016年10月、神戸大学のチームが調査に乗りだしました。

しかし、地球上で起こった最大の噴火活動は、
約2億5千万年前、シベリア付近で起こったとされています。その結果、地球上最大の95%に及ぶ大量絶滅が発生しています。

これは、大陸移動により巨大なマントルの上昇流である
「スーパープルーム」が起き、幅100km、長さ1500kmもの大陸の裂け目から莫大な溶岩が流出しました。地上は高温となり、その結果、海の底に塊となっていた、メタンハイドレートが溶け出し、空気中の酸素濃度を下げたのです。


観測の問題点

文部科学省は、09年度から全国の国立大学が重点観測する火山を、従来の半分以下の15か所に絞り込む方針を決めました。
大きな変化が見られない火山は対象から外れる模様。

大学の
財政難や人不足で、観測網の維持が難しいというのが理由です。
現在全国34か所の火山を観測する国立大学は法人化後、老朽化した観測機器を財政難で更新できず、年に数千万円の
維持費を確保するのがやっとなのです。

対象外の火山の観測を文科省は気象庁に移譲したい方向ですが、同庁は「機器をそのまま引き受けるのは困難」らしい。
移譲が進まないと、上がってくるマグマの位置など詳しい噴火活動をつかめなくなる恐れがあります。

実際、2014年9月の御嶽山噴火時においては、山頂付近の地震計12台のうち、3台は故障中でした。2013年度の国の地震科山研究費200億円のうち、火山はその
一割しか割り当てがなかったのです。

しかも、火山の専門家といわれる人は日本全体で
30人弱程です。日本は世界有数の火山国なのに、研究は遅れています。



TOP
 
ガイドマップ HOME  災害 防犯 環境 立地 建物