教  育                HOME  災害 防犯 環境 立地 建物
環境

























 
学校が無くなる

ここ数年、東京都内の小中学校で入学者がゼロの学校が続出しています。小子化の影響もありますが、実は01年から東京の中学校で始まった「学校選択制」を導入したのが理由でしょう。その結果、「人気校」「不人気校」の色分けがハッキリしてしまったのです。一度入学生が減少し始めると、もう止まらなくなります。減少=不人気と意識されてしまうのでしょう。

東京都品川区にある大きな八潮団地は運河を渡った海側の埋立地にあります。「学校選択制」が始まった結果、子供達が選択したのは運河を渡った中学校でした。そのため、クラブ活動の人数も少なくなり、クラブの充実した学校に益々流れて行った結果ついに06年には八潮団地内の中学校の入学者がゼロになりました。

下の表は、東京荒川区が行なった06年春学区外の学校へ入学した保護者への調査を表しました。

1  通学距離
2  友人と一緒
4  教育の特色

逆に、学区内の学校を選ばなかった理由の一位は「児童数が少ない」でした。
子供一人当りのコストを考えれば、小規模な学校は「非効率」であるとみなされ、その結果、学校選択制は、小規模な学校に不利に働く傾向が顕著に現れました。

人気度の差は年々大きくなっています。又、03年に導入した学力テストも、人気のバロメーターとして作用してしまったのです。学生数が少なくなった学校同士は
統合の道を選択せざるをえなくなりました。下の表は人気差を示しています。

  自治体 差(倍)  
東京都 江戸川区 4.5  
  足立区 4.4  
  江東区 6.3 統廃合による影響
  荒川区 14.1 統廃合による影響
  墨田区 5.7  
  板橋区 25.0 統廃合による影響
  渋谷区 5.4  
  町田市 1.3  
  西東京市 4.1 新築大規模マンションの影響
  多摩市 2.4  


  自治体 差(倍)  
神奈川県 逗子市 1.3  
埼玉県 三郷市 2.4  
  蕨市 1.3  
  宮代町」 1.3  
  鳩ヶ谷市 1.5  
  春日部市 1.5  
岐阜県 本巣市 1.2  
  瑞穂市 1.3  
三重県 紀宝町 2.4  
広島県 尾道市 5.3 有名小学校の影響
  北広島町 1.1  
福岡県 直方市 1.4  
  飯塚市 1.1  
大分県 豊後高田市 4.7  

      (朝日新聞より)

都心でも今は30分も歩いて通う生徒も現れています。義務教育でこれでは、田舎の分校のイメージになってしまいます。

さらに少子化の影響や、全国での市町村の平成大合併により、村や町から中学校が消え行くところが多くあるようです。読売新聞が07年11〜12月に調査を実施したところでは、全国の公立小中学校がおおむね3〜5年後に、少なくとも1117校減る見通しです。

それを受け都心も深刻な状態です。都内の区立中学校(自分の母校も)や小学校も1、2年先には合併が決まっている学校が沢山あります。結果、
母校の名前が無くなってしまうという悲しい事態が現実になっています。

ただ、通学距離の問題や一層の過疎化への懸念から反発は強く、計画の凍結や見直しを迫られている所もあります。しかし、公立小中学校の校舎や体育館のほぼ3分の1は、今の
耐震基準を満たしていないため、統廃合が今後、さらに加速する可能性は高いのです。
 

受験地図が変わる

東京の都立高校も学区の壁が無くなり、中学校と同じ事が起こっています。東京では今でも地下鉄の開発が行なわれていて、その影響も現れています。都立高校も淘汰されていくのでしょうか。

05年に出来た、つくばエクスプレス(TX)の影響で、茨木県や埼玉県の高校、大学に変化が起きています。今までは県内の高校を志望していたが、TXを利用できる為、東京の有名私立学校志望が増えています。変化は
県外流出だけに留まらず、県内の移動にもTXが大きく影響を及ぼしています。

陸の孤島であった茨城県の筑波大学にもその影響はあります。06年の新入生に東京の高校卒業生の率が増えています。又、就職活動も、今までは東京の会社への就職活動が非常に時間のかかるものでしたが、いまではTXでスイスイと移動が出来、状況が一変しました。

学校選択制

規制緩和が広がるなか、子供や保護者は選ぶ権利を獲得したが、学校側は選ばれる立場に立たされました。
それでも学校としては、より良い学校を目指して努力するだろうと思っていたのです。しかし、実際には
人気、不人気が露骨に表われる残酷な制度になってしまいました。

ある教員のアンケートによると、「
うわさや風評で学校が選ばれるようになった」。一方で「校長の意識が変わった」との見方もあります。
しかし専門家によると、「先生の努力とは関係のないところで学校が選ばれている」「人気に
格差がでるのは、多少予想はされたが、思った以上に大きかった」と。

東京江東区では、02年に全小中学校で学校選択制を導入しましたが、見直しを決定。しかしふたを開けると学校を選ぶ動きはとまりませんでした。進学内容、施設の充実、校庭の広さ、部活動の活発さ、等など。

選択肢が減ってもその中でより良い学校を選ぶのです。こんななか、群馬県前橋市では、10年度の新入生限りで
廃止を決定。行政は選択制を実験的に導入して、統廃合の根拠とした、との意見が多いようです。

保育施設問題

2013年9月、東京都世田谷区は、大規模マンションを建設する事業者が、敷地内の保育施設の整備について区と事前協議するよう義務付けられる条例改正案の素案を発表。

待機児童の解消が狙いで、対象となるのは、延べ床面積が5000平方メートル以上のマンションなどで、12月の定例区議会に提出し、来年3月の施行を目指します。

保育施設は認証保育所や子育て支援施設を想定し、運営費は区が負担します。待機児童数は地域で偏りがあり、協議の結果、設置しない場合もあります。

世田谷区の待機児童は2013年4月時点で
884人都内で最も多く、区保育課としては、マンションの中に保育施設があれば、事業者側にもメリットになるとの見方です。

世田谷区は2008年、300戸以上のマンション建設時に保育施設の設置協議を求める要綱を制定しましたが、実際に協議が成立したのはわずか4件。

罰則はないものの、条例化で事業者の規範意識を高め、保育施設の整備につなげたい考えです。

中学受験

公立中学と比べ、進学率の高い私立学校周辺は、住みたい住宅地として以前から人気があります。ここで沿線別の私立中学校を表にしました。

関東 地下鉄丸の内線 巣鴨、明治大学付属明治、立教池袋、桜蔭、光塩女子学院、女子学院、豊島岡女子学園、筑波大学付属
都営地下鉄大江戸線 麻布、暁星、芝、武蔵、桜蔭、白百合学園、東洋英和女学院、慶應義塾中等部
JR南部線 桐朋、カリタス女子、洗足学園、
JR根岸 栄光学園、聖光学院、フェリス女学院、横浜共立学園、
西武新宿線 開城、早稲田
京王井の頭線 駒場東邦、筑波大学付属駒場、立教女学院、青山学院、渋谷教育学園渋谷、成蹊
東急東横線 慶應義塾普通部、青山学院、渋谷教育学園渋谷
東急田園都市線 駒場東邦、世田谷学園、筑波大学付属駒場、青山学院、渋谷教育学園渋谷


関西 大阪市営地下鉄谷町線 大阪星光学院、清風、明星、大谷、四天王寺
JR山陰 洛星、洛南高等学校付属
阪急神戸本線 甲陽学院、灘、六甲
近鉄京都線 洛南高等学校付属、立命館宇治


首都圏においては、新規の地下鉄開業などがありますので、
沿線の人気は時代を追って変化するでしょう。

 


TOP
 
 HOME  災害 防犯 環境 立地 建物