バルコニー転落事故                HOME  災害 防犯 環境 立地 建物
建物

































 
バルコニー転落事故

96年熊本県の熊本市営新地団地で子供(当時1歳)がバルコニーでの転落死亡事故がありました。


事故が起きたバルコニーは、空調機の室外機などを置く
サービスバルコニーとしての機能をもっていたと考えられます。

左図のように、部屋とバルコニーの間にはサッシがあり、窓手摺もついていました。
しかし、当時は窓脇にベッドがあったために、子供は窓手摺をぬけて、出てしまったようです。

又、バルコニーの手摺は下の方が手摺子の間隔が大きくなっているデザインになっています。
(ただし現在はネットが張られています)

その後、幼児の両親は、団地を設置・管理する熊本市と設計・監理した設計事務所を相手取り、損害賠償を求める訴訟を起こしました。

結果、裁判所は、市と設計者に安全配慮に欠けるところはなかったとして賠償責任を認めなかったのです。



08年7月には
2歳の男の子がバルコニーから転落死するという事故がありました。母親は子供を寝かしつけた後に外出していました。又そのバルコニーには、椅子が置いてあった事もわかっています。興味本位で椅子に登ったと考えられます。

また09年8日、兵庫県西宮市、武庫川団地の16階のバルコニーから
子ども(3才)の転落事故がありました。その後搬送先の病院で死亡が確認されました。警察はバルコニーに空調器の室外機を確認し、そこを足がかりとし、手摺を乗り越えて落ちたとみています。


国の公営住宅建設基準では、バルコニーの手摺に上図のような
横桟形状は避けるようになっています。

又、右図のような縦格子状でも、
手摺の間隔は110cm以下と定められています。

事故のあった手摺は横桟タイプですが、設計者はサービスバルコニーとの認識であり、通常は使われないと考えたのでしょう。それは、建物を建てる市側でもチェックされたと思います。

しかし生活上、皆同じ行動をとると言えるでしょうか。






建築基準法では、右図のようにバルコニー(廊下なども同様)手摺の高さは1m10cm以上とされています。

ただ、この寸法さえあれば安全であるとは言っていません。最低限としての値です。手摺の下に箱などの
足がかりがあれば意味のないものとなってしまいます。
その場合の転落事故は今までに何度か耳にしています。

建物は安全であると思い込むのは問題があります。住む人の注意、管理が求められています。





07年25日横浜市は、神奈川区栗田谷の市営住宅のベランダで使用している三協立山アルミ社製の手すりで
強度不足が見つかった、と発表しました。中には国土交通省の外郭団体である財団法人「ベターリビング」の「優良住宅部品」と認定したものも含まれていますが、これらは一時的に認定を停止しました。

原因は、工場生産時に必要な接着剤が使われなかった事としています。三協アルミが行なった実験では、必要な強度の
半分程度だったといいます。これは、財団法人「ベターリビング」の指摘で判明しました。

この手摺は首都圏を中心に200件を越える建物のベランダや廊下で使用されているそうです。三協アルミ
では「折れる危険性は少ない」と話していますが、手摺は普段何気なく寄りかかったりしますから、早急のチェックが必要です。



近年の転落事故

 

1 00 大阪府堺市府営住宅 2階から1階への階段 78歳女性 首の骨を一部欠損し右大腿骨を骨折 手すりが外れて
2 02年
11月
千葉県市川市 3階の腰窓 3歳
男児
胸の強打 ベッドの上で遊んで転落
3 02年11月 福岡 2階の腰窓 50歳女性 死亡 洗濯物を干すには物干し竿まで身を乗り出す必要があったが、窓に手すりはなかった、窓の腰壁の高さが床から約73cm
4 06年8月 愛知県西尾市県営緑町住宅 3階
バルコニー
男性 肋骨と左手首、骨折 手すりにつかまろうとしたところ、手すりが外れた
5 07年6月 宇都宮市山王市営住宅 3階の腰窓 1歳
男児
けがはない
緑地に着地
ベッドを踏み台にし、手すりをくぐり抜けるか乗り越えるかして転落
6 07年6月 横浜市緑区鴨居 マンション
6階
11歳女児 死亡 不明
7 07年6月 さいたま市南区 7階
バルコニー
3歳
男児
死亡 不明
8 07年11月 神奈川県大和市 マンションの9階
バルコニー
2歳 男児 死亡 エアコンの室外機を踏み台にする
9 09年7月 北海道小樽市 市営住宅5階窓 4歳 男児 腕と足の骨折 窓の外側に縦格子手すり付き、目を離した一瞬


1. について大阪府の住宅管理センターは,「転落事故の原因は手すりを取り付ける金物の溶接不良にあった」として,建築金物メーカーを相手取り,損害賠償を求める訴訟を起こしました。

その後大阪府住宅管理センター(現大阪府住宅供給公社)は、杉田エースに対して製品の回収や交換に要した費用など3億2900万円の損賠賠償を求めて提訴。さらに03年9月、負傷者に対する治療費などの損害賠償金として1800万円を追加で請求。

08年12月 大阪地方裁判所は杉田エースに対し3億500万円の支払いを命じる判決を下したが、同社は判決を不服として、2009年1月控訴。結局09年6月
和解が成立し、和解金2億5000万円を支払う事になりました。

 3. について福岡高等裁判所は、窓から日常的に身を乗り出す入居者のためには手すりが必要だったとして、賃貸住宅の家主に、約350万円の損害賠償を命じる判決を下した。
窓に手すりがないのは瑕疵であり、家主が窓に手すりを設置しなかったのは安全配慮義務違反だと訴える入居者の遺族の主張を認めました。


 5. については過去にも2件の転落事故がありました。いずれも同じような窓でした。窓の内側には床から90cmと1.1mの高さに手すりを水平に2本設置していたにもかかわらず。問題はベッドでした。この後、山王市営住宅にあるすべての腰窓に、縦桟付きの高さ90cmの窓用の手すりを設置する事になりました。

上表の
2.3.5.でもあるように、窓からの転落も以外と多いようです。東京消防庁が05〜07年の2年2ヶ月に260件も起きています。内訳としては、12歳以下が32%も占めています。

また、09年9月、大阪市淀川区の11階建てマンションで、9階に住む次男(1歳9か月)が窓から
23メートル下に転落し、死亡しました。家では、前夜、クーラーが故障したため、窓を開けて就寝。淀川署の調べでは起き出した次男が、窓の手前に置いてあったおもちゃ台に上って遊んでいるうちにバランスを崩したとみています。

09年10月には名古屋市西区のマンション
8階のバルコニーから母親が目を離したすきに、5歳の男児が手すりを乗り越えて約20メートル下の地面に転落しました。しかし左半身打撲の軽傷と、奇跡的に助かったのです。男児は一旦、駐輪場の屋根に落ちその後、地面に落ちました。屋根がクッションとなったのでしょう。


10年1月、東京都国分寺市泉町の共同住宅で、
8階に住む女の子(4)がベランダにいた。女の子は左あごに擦り傷を負って病院に運ばれたが、軽傷という。母親はしつけとして女の子をベランダに出したところ、女の子はベランダからさくを乗り越えて誤って転落した可能性が高いとみられます。 真下は地面で植木もあったといいます。

10年4月、広島市中区の
13階建てマンションから男児(3)が転落し、死亡しました。広島中央署によると、事故当時、母親は、外出中で、室内にいたのは男児だけでした。家を出る時には子供は寝ていたようですが、一人で部屋からベランダに出て、高さ約1メートルの手すりを乗り越え、誤って転落したとみています。

10年5月、東京都足立区の14階建てマンションの
9階から、小学4年生の男児 が転落。中庭の高さ約3メートルの木の枝がクッションになって土の地面に落下。右太ももの骨を折る重傷を負ったものの、生命の危険はありませんでした。男児は、友人の小学生男児3人と9階の外廊下で遊んでいた際、手すりの上に立ち上がり、バランスを崩して転落したらしい。

10年6月、札幌市清田区の11階建てマンションで、
11階のバルコニーから3歳の女の子が約30メートル下の地上に転落し死亡しました。札幌豊平署の発表によると、当時、家には女の子1人だったという。バルkニーにはタイヤが積まれていため、女の子はタイヤによじ登り、手摺から体を乗り出した可能性があるとみ ています。

10年9月、大分県別府市石垣東のマンション
5階から3歳男児が転落し死亡しました。別府署によると、4人家族ですが寝ていた男児を残し、3人が外出。事故直前、「お母さん」と叫ぶ子供の声を住民が聞いていたことから、男児が目を覚まし、母親を捜すうちに、玄関前の手すり(高さ約1.2メートル)を乗り越え、誤って約12メートル下に転落したとみられています。

11年1月、東京都中野区中野の9階建てのバルコニーから男児(5)が転落し死亡しました。警視庁中野署によると、バルコニーの柵にこすれたような跡があり、男児が、誤って柵を
乗り越えて転落したとみています。当時、男児の両親は外出していました。

2012年5月、東京都足立区綾瀬の15階建てマンションの11階に住む男児(3)が転落し、病院に搬送されましたが、約1時間後に死亡。母親は「買い物に出掛けていて、1人で留守番をさせていた」と話しています。警視庁は、バルコニーの内側に取り付けられた
物干しざおを足場にして登った可能性を指摘しています。

2014年4月、東京都足立区のマンションの13階の外階段から、男子小学生(9歳)が外階段から転落する事故が起きました。救急車が駆け付けた時、男子は敷地内の芝生の上に倒れていました。その後病院に搬送されましたが、全身を強く打ち、死亡が確認されました。

警視庁によると、男子は13階から12階の廊下に飛び移ろうとしたところ、誤って転落した可能性があります。当時は、数人の友人と一緒に
遊んでいたようです。ただ、原因については詳しく調べています。

2016年東京消防庁の発表では、東京都内のマンションなどのベランダや窓から転落し、救急搬送された5歳以下の子供が平成23〜27年の約5年間で114人に上ります。

2017年3月、埼玉県川口市の団地で男児3歳が8階のバルコニーから転落し、病院で亡くなりました。両親がいないすきに、窓を開けバルコニーに置いてあった
箱に乗った模様です。

専門家によると、最近の
マンション高層化により、子供達の高さに対する恐怖感が薄れて行った結果だとの指摘があります。

欠陥施工による事故

07年4月、岐阜県美濃加茂市内のアパートの2階でバルコニーの手すりが外れたために入居者が転落して死傷した事件がありました。結果11年1月、加茂警察署はアパートを設計した二級建築士の男性を業務上過失致死傷の疑いで書類送検しました。

アパートは鉄骨造2階建て、住戸数6戸。岐阜県可児市の建設会社が設計・施工して、1986年に完成。男性は当時この会社の社員として設計と工事監理を担当。建設会社は96年に経営破綻の末、廃業。

事故があったバルコニーのアルミ製手すりは高さ約1.2m、幅約2.5mmで、建築基準法には適合していました。 しかし、バルコニー用ではなく、より強度の低い窓用の製品であり、設置にも不備があり、
ブラケットとの接合が不十分でした。

男性は事故当時、アパートの設計と工事監理を担当し、手すりの仕様決定に関わったていました。同署は男性が「アパートを施工するにあたり事故防止に配慮すべき
業務上の注意義務を怠った」と判断して送検し、逮捕はしませんでした。


TOP
 
 HOME  災害 防犯 環境 立地 建物